院内SEの仕事内容は?

院内SE求人TOP >> 院内SEの求人の基礎 >> 院内SEの仕事内容は?

院内SEの仕事内容は?

SEの仕事というと一般的にはIT企業、システム開発やソフト開発会社で専門的な仕事をするわけですが、一般企業などに常駐で開発からトラブル対応、ヘルプデスクなど運用全般を任されるケースも多くなってきました。コンピューターシステムを導入する事業所であればどこでもSEのサポートは必要になってきます。近年、病院でも患者データや従業員の管理などをはじめとし、大規模なシステムを導入しているところも増えてきました。

病院では、電子カルテ化が進んでおり、また会計や診療報酬の請求などにおいてコンピューターシステムが利用されているのです。そのほかにも、入院患者の体調管理、栄養管理などもシステム化しているなど病院運営のありとあらゆるところでシステム化が進んでいるのです。その結果として、院内SEという名称で呼ばれる立場のSEも生まれました。IT企業などに勤務するSEとは仕事内容や役割に違いはありますが、基本的にはシステムの開発・修正、トラブルの対応、メンテナンスといったようにシステム全体の運用と保守を任されることとなります。

具体的に院内SEの仕事内容は、病院内に設けられたシステム管理施設内に常駐し、システムが適切に異常なく稼働しているかどうかを24時間体制で院内SEが交替で監視します。夜間はシステムにそれほど負荷がかかりませんし、サポートの依頼などもほとんどないので比較的落ち着いて仕事ができます。重要なのは病院が活発に稼働している朝から夕方にかけての時間帯です。その時間帯はシステムに負荷がかかるので、トラブルが生じる可能性が高まりますので、しっかりと監視することが求められます。また、看護師や医師などからシステムの利用の仕方などで質問などを受ける場合もあります。その際は、電話でサポートしたり、電話で解決できないような事例の場合は直接現場まで出向いて利用の仕方などを丁寧に教えたりする必要があります。

さらには、システムの開発や改善をするにあたり、一定の医学知識を身につけていく必要もあります。もちろん、転職活動の段階では、医学的な知識が要求されるわけではありません。転職後にシステムを運用し、サポート活動を行っていく上で、医学的な知識がまったく無いと仕事をやりづらいこともあるので、独学や病院関係者から簡単な研修を受けるなどの努力も求められます。システムを運用しサポートするのが主たる仕事となりますが、実際に運用に関わりながら、より効率的なシステム運用や改善点の提案などをすることも院内SEとして求められることです。

院内SEの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは医療関係の求人情報も豊富で院内SEの求人も多数掲載されています。
・リクルートが運営しているので、どれも信頼できる院内SEの求人情報ばかりです。
・院内SEへの転職をキャリアアドバイザーが最後まで責任を持ってサポートしていきます。



Copyright (C) 2015 院内SE求人サイトランキング All Rights Reserved.