院内SEに必要なスキル・知識は?

院内SE求人TOP >> 院内SEの求人の基礎 >> 院内SEに必要なスキル・知識は?

院内SEに必要なスキル・知識は?

病院業務のシステム化に伴って院内SEの存在が注目され始めています。病院業務は今やそのほとんどがコンピューター化されていますので、そのシステムを運用し監視したり、サポートしたりする立場の人間が不可欠なのです。その役割を果たすのが院内SEのわけですが、そのニーズは高まりつつあり、今後ますます必要となってくる人材であると考えられています。では、院内SEに転職するにあたって必要なスキルや知識はあるのかどうか考えてみます。

SEいうと情報処理系の資格を持っていると有利ではありますが、院内SEに関しては資格の有無はまったく関係ありません。SEの人がもっているような各種資格を保有していてもあまり院内SEの業務では役に立ちません。しかし、院内SEとして業務を遂行していくにあたっては、必要なスキルや知識はあります。まず、病院という職場でのSEでシステムのメンテナンスやサポートを行なっていくわけですから、基本的な医学知識が必要になってきます。SEという立場で医学知識を持っている人はほとんどいません。ですから、転職活動の段階で医学知識を持っておく必要はありませんが、転職後に徐々に身につけていく必要があります。医学知識といっても看護師や医師と同等のレベルを求められるわけではありません。あくまでもシステムの運用、医師や看護師への操作などのサポートを行なうに最低限必要なレベルという事になりますので独学でも簡単に身につけることができます。また、転職後に職場で時間のある時に病院の関係者から教えてもらっても良いでしょう。

院内SEとして求められるスキルとしては、当然のことではありますが、パソコン操作などの基本的なことができるということです。IT企業のSEのようにプログラムを組むといったような高度なスキルは求められませんが、PCの操作に熟知していることは最低限求められるスキルです。院内SEの業務にヘルプデスクなどもあるので、電話で院内のスタッフにシステムの説明などをすることがあります。ですので、ヘルプデスクの経験者であれば電話での応答がスムーズに行えるという観点から重宝されます。

その他の求められるスキルとしては、技術的なことよりも人間性です。もっと具体的に言いますと、コミュニケーション能力という事になります。現場で医師や看護師と円滑に会話ができ、失礼のないように応対できる能力が求められます。単に、IT技術に熟達していればよいわけではなく、対人関係も重視されるのが院内SEという仕事なのです。

院内SEの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは医療関係の求人情報も豊富で院内SEの求人も多数掲載されています。
・リクルートが運営しているので、どれも信頼できる院内SEの求人情報ばかりです。
・院内SEへの転職をキャリアアドバイザーが最後まで責任を持ってサポートしていきます。



Copyright (C) 2015 院内SE求人サイトランキング All Rights Reserved.