院内SEの仕事で大変なことは?

院内SE求人TOP >> 院内SEの求人の基礎 >> 院内SEの仕事で大変なことは?

院内SEの仕事で大変なことは?

近年、病院の運営においてコンピューターシステムの導入が顕著になってきています。病院で行われるさまざまな業務をコンピューターで管理するようになっているので、院内にはそのシステムを管理し、サポートする役割として院内SEが必要です。この院内SEのニーズは年々高まっており、全国各地の大小さまざまな規模の病院から求人が出されています。仕事内容の詳細は勤務先の病院によって異なりますが、大まかな仕事内容としては、システムの保守や点検、院内の看護師や医師などのスタッフからシステムについての問い合わせがあった場合の対応業務などとなります。また、システムにエラーやトラブルが生じた場合にもその解決にあたります。

しかし、転職して間もないうちは先輩の院内SEがメインとなって、色々と仕事を教えてくれることになります。何もかも一人でやるわけではないので、その点については不安に思う必要はありません。院内SEの仕事で大変なこととして挙げられることは、院内のスタッフとのコミュニケーションです。IT企業やソフト開発会社などのSEとはことなり、けっこう頻繁に医療スタッフの人達と接触することとなります。その時に、相手に失礼の無いように言動に注意しなくてはなりません。

医師や看護師、その他の医療スタッフは皆、国家資格保有者です。そのためプライドが高く、院内SEのことをパソコンなどの知識がある便利屋さんのように捉えて見る人がいないとも限りません。どの業界にも色々とクセのある人間はいるものです。ですから、院内の医療スタッフから軽くみられるようなことがあっても、気にしない精神的なタフさが求められます。特に女性の院内SEですと、女性看護師が多い職場ですので、人間関係は複雑になってきます。技術的なことでの苦労よりも人間関係を円滑に維持し、システムのサポートなどをする際に失礼の無いように対応できるというコミュニケーション能力が求められるという事になります。人間関係を維持するのが苦ではなく、コミュニケーションが得意だという人であれば、院内SEの仕事は向いているといえます。

どんな仕事にも大変な部分はあるものですが、院内SEの仕事のことでもっと詳しく知りたい場合は、大手エージェントサイトを活用すると良いでしょう。豊富な院内SEの求人が掲載されているばかりでなく、具体的な仕事内容や院内SEの大変な部分についての情報も現役の院内SEなどが情報を提供していますので、転職活動の際の参考になるはずです。

院内SEの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは医療関係の求人情報も豊富で院内SEの求人も多数掲載されています。
・リクルートが運営しているので、どれも信頼できる院内SEの求人情報ばかりです。
・院内SEへの転職をキャリアアドバイザーが最後まで責任を持ってサポートしていきます。



Copyright (C) 2015 院内SE求人サイトランキング All Rights Reserved.