院内SEの転職に資格は必要?

院内SE求人TOP >> 院内SEの求人の基礎 >> 院内SEの転職に資格は必要?

院内SEの転職に資格は必要?

病院内の業務のコンピューターシステム化が浸透するにつれて、院内SEの重要性が増してきています。その結果、院内SEの求人が増えておりニーズが高まっている風潮があります。こうした現状において、院内SEへの転職を考える人も増えています。では、院内SEの転職に資格は必要なのか、何か資格があった方が有利なのかといったことが気になるかと思います。結論から言えば、必ずしも資格は必要ありません。実際、病院でSEとして付随する資格が役に立つわけではありません。

病院内には、医師や看護師、薬剤師、作業療法士など有資格者がたくさんいます。その点、院内SEは職能上、特に資格を保有していなくても転職することができます。SEの中には、情報処理技術者試験、オラクルなどの資格を持った人もいますが、これらの資格はシステム開発やソフト開発の際に役に立つものであり、院内SEの業務には基本的には必要ありません。したがって、院内SEの転職に資格は無くても問題ないという事になります。それは、院内SEの仕事内容を考えても分かることです。院内SEは、主として病院内のシステムの保守や運用上のサポートとなりますので、資格が活かされるわけではないのです。

院内SEの転職には、資格よりも、むしろ以下のような経験の方が採用に有利に働くかもしれません。たとえば、IT関連企業での実務経験があったり、一般企業でヘルプデスクの経験があったり、過去、事務職でも何でも良いので病院に勤務した経験があるといった場合です。こうした経験があれば、院内のシステムをすぐに熟知し即戦力で業務ができるとみてもらえます。病院での勤務経験があるとなぜ有利かと言えば、システムを運用するうえでも医学的な知識などが多少必要になってきますし、病院の業務というものを理解する必要もありますが、こうした知識を予め持っていると、病院側の手間も省けるからです。

その他、コミュニケーション能力がある人も採用確率が高まります。IT企業などのSEと異なって、院内SEの場合は、看護師や医師、その他院内のスタッフと接触する場面が多いので、円滑にコミュニケーションを取れることも必須条件となります。これも、資格とはまったく関係のない要素です。つまり、院内SEの転職には資格の有無よりも、今までの経験やあなたの性格、人柄などが採用の際の大きな判断材料にされるという事になります。ですので、IT関係の資格を持っていない人であっても転職のチャンスが大いにあるのが、院内SEという仕事なのです。

院内SEの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは医療関係の求人情報も豊富で院内SEの求人も多数掲載されています。
・リクルートが運営しているので、どれも信頼できる院内SEの求人情報ばかりです。
・院内SEへの転職をキャリアアドバイザーが最後まで責任を持ってサポートしていきます。



Copyright (C) 2015 院内SE求人サイトランキング All Rights Reserved.