院内SEの転職の志望動機は?

院内SE求人TOP >> 院内SEの求人の基礎 >> 院内SEの転職の志望動機は?

院内SEの転職の志望動機は?

病院では業務のあらゆる場面でコンピューター化が導入されているので、システムの運用やサポートを行なっていく院内SEの存在が欠かせなくなっています。システムを導入する地方の病院も増えてきているので、院内SEの求人数は全国各地で増えてきています。こうした現状は、 院内SEへの転職を考えている人にとっては追い風であり、ありがたい状況です。しかし、院内SEへの転職を希望している人も多いので、求人に対する倍率もそれなりに高いです。都市部の人気のある大病院の院内SEの求人には多くの応募があるので採用の確率もそれだけ低くなります。

院内SEへの転職活動をするうえで重要なのは、履歴書や職務経歴書の記載内容や面接対策です。中でも特に重要なのは、「院内SEへの転職の志望動機」です。つまり、採用側の病院としては、なぜSEの主流であるIT企業やソフト開発会社ではなく、院内SEを希望するのかに着目しているわけです。IT企業やソフト開発会社のSEに比べると、正直、院内SEはそれほど高い技術が求められるわけではありません。なぜならば、開発というよりも、既存のシステムの運用や保守、ヘルプデスクなどのサポート活動がメインだからです。そのことを病院の採用担当者側も分かっているので、面接などで志望動機として突っ込んで聞いてくるわけです。この質問に対してしっかりと自分の言葉で答えられないと、たとえ、あなたの人柄がすばらしくて、SEとしての技術も院内SEではもったいないくらいのスキルを持っていたとしても採用は難しくなります。

志望動機として重要なのは、院内SEの業務内容を理解したうえで、病院側がシステムの運用に対して何を期待しているのか、どういった不安や問題を抱えているのかをある程度推察し、志望動機に反映させるということです。また、SEの立場としてあなたがどういった目標、人生設計を考えているのかも聞かれることが多いので、しっかりと応答できるようにしておきましょう。

院内SEの転職を考えている人が周りにいれば、一緒に志望動機を考えて対策も練ることができますが、いない場合は自分で考えることになります。しかし、一人では心細いことでしょう。そういった時に役に立つのがリクナビやマイナビなどの大手エージェントサイトです。エージェントサイトに登録して利用することで、院内SEの面接対策などもアドバイスしてくれますので、転職の志望動機をどのようにすればよいのかなどの悩みについても解決することができます。あなたの理想の院内SE求人も探せるので一石二鳥です。

院内SEの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは医療関係の求人情報も豊富で院内SEの求人も多数掲載されています。
・リクルートが運営しているので、どれも信頼できる院内SEの求人情報ばかりです。
・院内SEへの転職をキャリアアドバイザーが最後まで責任を持ってサポートしていきます。



Copyright (C) 2015 院内SE求人サイトランキング All Rights Reserved.